創業100年牛肉博士

創業100年牛肉卸のプロが、本当の牛肉の楽しみ方や美味しさ、技術と知識をすべて公開している牛肉情報サイトです。業務用牛肉からスーパーの牛肉までを網羅し、バーベキューや焼肉、ステーキにも役立つ、知っておくと役立つ牛肉の知識をお届けします。あなたも牛肉博士になりませんか?

あのシャリアピンに陰の人?有名ステーキは国産だった!

約 3 分
創業100年牛肉卸のプロが、本当の牛肉の楽しみ方や美味しさ、技術と知識をすべて公開している牛肉情報サイトです。
業務用牛肉からスーパーの牛肉までを網羅し、バーベキューや焼肉、ステーキにも、知っておくと役立つ牛肉の知識をお届けします。
あなたも牛肉博士になりませんか?




ご覧いただきありがとうございます。

美味しいステーキを食べたいなんて誰もが思う事ではないでしょうか。

しかし、ステーキを美味しくする方法という話は、中々でてこないと感じるのは私だけでしょうか。

今回は、歴史的な歌手が愛したステーキを美味しくする方法についてご紹介していきます。




世界的なオペラ歌手のシャリピアンのシャリアピン・ステーキの真実に迫る!

昭和11年、ソ連の世界的なオペラ歌手・シャリアピンが来日、その見事な声力で日本中の声楽ファンを魅了した。

だが、歌もさることながら、それ以上に話題になったのが、のちに「シャリアピン・ステーキ」と呼ばれるようになった彼好みのステーキで、当時のマスコミは、これこそシャリピアンの声力の秘密をにぎるものといわんばかりに持ち上げた。

このときの公演は、日比谷公会堂で行われたが、もちろん、マイクなし。しかし、その張りきった声は、広い公会堂の2階の最後部席まで乱れることなく届いたという。

当時、まことしやかに伝えられたところによると、シャリピアンは、自分好みのステーキ肉を玉ねぎのしぼり汁に30分ほどつけておく。

それとは別に玉ねぎのみじん切りをバターでよく炒めたあと、先にの玉ねぎをおろしたものと混ぜ、それらをトマトピューレ、レモン汁、塩、コショウなどで味を整え、焼きあがったステーキの上にたっぷりとのせて食べるというもの。

肉と玉ねぎの組み合わせがいわくありげにみえるほかは、ことさらに騒ぎ立てるほどのものとは思えない。

このシャビリアン・ステーキ、実はシャリピアン本人の発明ではなく、陰の人がいたというのが以下の秘話。

シャリピアンは、東京公演中、しばしば帝国ホテルを抜け出して、あちこちでジャパニーズ・ステーキの探検を試みていた。そのひとつが、昭和10年の9月、銀座6丁目の松坂屋デパートの裏に開店したばかりの、ビフテキ専門店「スエヒロ」。

当時、日本ではまだ珍しかったビーフステーキをなんとかして日本人のあいだに根づかせようと工夫を凝らしていた初代の石原仁太郎さん(昭和60年没)、これなら日本人にも間違いなしと作り出したのが、このタマネギ漬けのステーキだった。




シャリピアンは、これが一度でお気に召したため、さっそく帝国ホテルのキッチンでも見よう見まねで作らせ、滞日中、方々でこれを作らせたり、吹聴して歩いたものらしい。が、かくも有名にした真犯人は案外通訳だったのでは?という気がする。

お問い合わせ

*
*
* (公開されません)