創業100年牛肉博士

創業100年牛肉卸のプロが、本当の牛肉の楽しみ方や美味しさ、技術と知識をすべて公開している牛肉情報サイトです。業務用牛肉からスーパーの牛肉までを網羅し、バーベキューや焼肉、ステーキにも役立つ、知っておくと役立つ牛肉の知識をお届けします。あなたも牛肉博士になりませんか?

カツカレーの誕生秘話には、猛牛の野球選手がからんでいた!

約 3 分
創業100年牛肉卸のプロが、本当の牛肉の楽しみ方や美味しさ、技術と知識をすべて公開している牛肉情報サイトです。
業務用牛肉からスーパーの牛肉までを網羅し、バーベキューや焼肉、ステーキにも、知っておくと役立つ牛肉の知識をお届けします。
あなたも牛肉博士になりませんか?




ご覧頂きありがとうございます。

何気なく食べられている「カツカレー」。

実は、このカツカレーにおいても誕生秘話というものがあります。私の地元北陸でも金沢カレーといわれるものがあり、カツカレーが多く取沙汰されています。

とくに松井選手の背番号にちなんだ55カレーというものは、地元の人間では知らない人がいないほどになります。

松井選手がヤンキースに入団するやいなやお店もニューヨークに進出。

カツカレーの影響はでかいものです。




プロの野球選手の一言が「カツカレー」を誕生させた

かつて巨人軍に千葉茂という名選手がいた。

名門松山商業から川上哲治と同期で入団し、戦前・戦後を通じて巨人軍の黄金時代を支えてきた名二塁手、名リードオフマンである。

そのファイトあふれるプレーから猛牛のニックネームで鳴らした野球通好みの選手だった。また、長嶋茂雄の前に背番号3をつけていた選手としても有名である。

オールドファンに言わせると、史上最高のライトヒッターとのこと。嫌いな球はファウルで粘り、投手が根負けした球を右翼へ落とすという打法だった。

引退後、近鉄の監督に迎えられたが、それまでは「パールス」といった球団名を、千葉のニックネームにちなんで「バッファロー」(この後バッファローズに変更)とする厚遇ぶりを近鉄側は示した。

世界中で個人のニックネームを球団名に残しているのは千葉だけだ。その千葉が意外なところにも名を残している。

いまでは広く知られているカツカレーなる人気料理であるが、その生みの親が千葉だというのだ。カツカレーの元祖をうたう銀座の「グリルスイス」によるとこうだ。巨人軍の現役選手だった千葉はグリルスイスの常連で、カレーもカツも好んで食べていた昭和23年のある日、別々だと面倒だからカツを切って、その上にカレーをかけてくれと注文したことから、カツカレーが誕生したのだという。




野菜をベースにしたカレーと薄めに切った肩ロースを揚げたカツの絶妙な関係がここにある。

すりおろした野菜で煮込んだカレーソースは、やわらかな甘味さえ感じられる。カレーと一緒に煮込む肉は自然にとろけ、カツのうまさを損なうこともない。

コメント

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 1 )

No commented yet.

  1. […] カツカレーの誕生秘話には、猛牛の野球選手がからんでいた […]

お問い合わせ

*
*
* (公開されません)