ご覧いただきありがとうございます。

今回は、牛肉のアレルギーに関して記載していきます。牛肉のアレルギーになってしまう事は非常に稀だといわれていますが、食品の法規で表示義務(加工品)のあるアレルゲン物質について牛肉も含まれてきますので、ここではその原因と症状について記載していきます。

B型の方は、牛肉アレルギーになりにくい体質をもっています。

th

普段何気なく食べている食物でも、人体に影響を及ぼしかねない事があります。それは、食中毒であったり、アレルギーだったりと様々な事があります。

何もないことが一番といいのですが、それが身近な存在になりつつあります。そのような事がおこらないようにまたは、おこった時にどのような対策を行っていくのか非常に重要な事だと思います。

今回は、アレルギーについてピックアップしていきますが、知っている事で予防も可能になってきます。

生きる上で必要な食が災いをもたらすこともメディアしばしばとりあげられますが、普段の生活習慣次第で予防も可能とされています。過去の賢人の言葉で「小事が大事」といわれるように細かい部分ですが、この面でしっかりと向き合いたいと思います。

ただ、牛肉アレルギーについては、非常に稀であることを明確にしておきたいと思います。




牛肉のアレルギー

牛肉を食べるとじんましんや全身症状においてアナフィラキシーショックを起こす「牛肉アレルギー」がありますが、最近の研究によると牛肉アレルギーは、マダニに咬まれることが関与していることがわかってきています。

日本紅斑熱を媒介するフタトゲチマダニは、日本全国に分布していますが、牛肉アレルギーの患者は島根県や兵庫県、大阪府から数多く報告されており、これらは日本紅斑熱の多発地域となっています。

このマダニに噛まれてしまうと牛肉アレルギーを起こすようにアカガレイ、エテガレイ、ベランスガレイなどの魚卵(煮付け)を食した人が同じように交差的にじんましんやアナフィラキシーショックになってしまったことがあげられています。

要は、牛肉とカレーの魚卵にも関連があるとされています。

また、牛肉アレルギーは高齢者に多く、若年層には稀ではありますが、このマダニに何度も咬まれるようなことがあれば、アレルギーが成立するのではないかと言われてます。

牛肉アレルギーをもつ多くの人は犬を飼っているとされていますが、犬に付着しているマダニによって咬まれる機会が多くなり、牛肉アレルギーになると言われています。

また、牛肉アレルギーはA型とO型の人に多いとされ、B型の人には少ないことがしられています。

ABO式血液型は糖鎖式により決定されています。B型の体質的に対アレルギーがあるようです。

th (4)

牛肉アレルギーの症状

牛肉アレルギーの症状については、様々なことがあげられますが嘔吐、下痢、蕁麻疹など、全身においてはアナフィラキシーショックになるといわれていますが、食中毒とにたような症状でもあるので留意したほうがよいのかもしれません。

いずれにしても、牛肉を食した後にこのような症状がみられれば専門医にみてもらうのが賢明となりますが、最近では、牛肉や豚肉の四足歩行の動物を食してアレルギーになった患者の方には鶏肉のアレルギーになりにくいこともわかってきています。

アレルギー症状などを見かけたら即座に検査したほうが良いと思います。

牛肉アレルギーの場合は、マダニの保有する「アルファ・ガル」とういう炭水化物の糖質が人間の体内で抗体ができ、牛肉の赤身にの中にも含まれるためそれが反応し、人体のあるゆるところで症状としてあらわれます。

この事例は、しばしばアメリカで非常に有名となり日本でも症例が数多くあったので取り上げられていますが、この症状になるのは非常に稀であるためおさえておきたいことではないでしょうか。




まとめ

牛肉だけでなく食品全体的にアレルギー症状をひきおこすものたくさんありますが、もしもの時にどのような面で対策を必要とするのか必要だとおもいます。

商品の表示ラベルには、各種アレルギーに関する表示の記載がなされていますが、牛肉もその一つとなります。日々の生活の上でこのような惨事には誰しもなりたくないものです。

但し、蕁麻疹や嘔吐、目まい、呼吸困難などからくる症状は、人間のからだで異常をきたしている状態であり、また、心身の疲れからもあるようです。

普段何気ない生活を送っていることが本当にどれだけありがたいのか、事が起こってからでないとわからないものですが、日々の生活の上でその当たり前の生活できるように努力はしていきたいものです。

気になるようでしたら必ず医師に相談やアレルギーの検診については、おこなっているところは数多くあります。

アレルギー症状があっても食事制限などの規定はあるようですが、現在においては、アレルギーの改善方法が様々ありますので、どのような事をしなければならないのか、よく相談の上なされた方がよいのではないかと思います。