牛肉の購入方法

肉のプロがおすすめ!国産牛肉を通販でお得に取り寄せる方法とは!?

国産牛肉をどのようにしたら「お得」と感じられるものが手に入るでしょうか。

購入する目的によって人によっては買い方の違いはありますが、やはり「価格」「品質」です。

国産牛肉には信頼と安全性が担保されているからです。

  • 仕入れを安心して安く手に入れたい!
  • 結婚式の2次会で誰もが欲しいと思われる景品をだしたい!
  • 子供の出産を祝ってくれた内祝いだけど、心躍るものを贈りたい!
  • 嫁の両親には大変お世話になっているから元気になるものを贈りたい!
  • イベントサークルでバーベキューをしたいが、お肉は量が必要だけどやっぱり高いし、安めでおさえたい!

目的によって「よかった!」「よい買い物だった!」「贈って感謝された!」とは誰しもが思いたいはずです。

今回は、そのようなあなたの思いをお応えするためにお肉業界のプロが「お得」だと感じられるものをご紹介していきます。

国産牛肉は目的によって購入の仕方(価格)と品種(品質)を変えるべし!!

お肉の購入方法には、専門店にいったり、スーパーにいったりすれば購入できます。

しかし、専門店やスーパーにはないものが販売されているため、通販のよいところではないでしょうか。

希少部位であったり、様々なブランド牛、中には特大のステーキがあります。

例えば私の地域では、富山県の氷見牛、福井県の若狭牛、石川県の能登牛が手に入りますが、他の地域では手に入るでしょうか。

牛肉の国産牛と和牛はなにが違うの? 社内研修の中で、こんなことを聞かれたことがあります? 「牛肉の種類や名前がたくさんあって違いがよくわからない」 「国産牛って和牛...

ミスジステーキが食べたい!なんてとのは、地域によっては手に入りずらいものがあります。

地元の肉が高価すぎて、もう少し安くならないのか?他社はどうなの?ということはありませんか?

そこで解決してくれるのがインターネットでの通販になります。

今では、手に入らないものがないくらいモノがあふれていますが、その中でも選りすぐりのお店を紹介していきます。

和牛の色合いや形
肉のプロが厳選する国産ブランド牛ランキング10選!専門家が本当におすすめする牛肉とは?一般的に『ブランド牛』とは、約30ヶ月間もの時間をかけて丹念に育てられた旨味がギュッと詰め込まれた特別な極旨肉のことを指します。 ...

【ギフト用】や【景品】についての「お得」は?

 

ギフトや景品については、他者に贈るという意味で恥ずかしくないものを贈ることが大切です。

味、肉質、見栄えの印象は、非常に重要なものが優先になってきます。

また、知名度、すなわち誰もが知っているものではないと、もらってもピンとこないことになります。

それらをすべて兼ね備えるのがブランド牛になります。

ただ、ブランド牛といっても全国的に300以上にのぼり、どれが景品として良いのか、ギフトとして贈っても恥ずかしくないものなのかわかりません。

一番重要なのは、どの世代でも知っているものが大切です。

そこで、「日本三大銘柄牛」である「松坂牛」「近江牛」「神戸牛」になります。

でも、高いのでは?肉を景品にすると保管する場所がないなんてことはあるかと思いますが、そこで解決してくれるのが、ギフト券になります。

ギフト券になるとお肉をやり取りせず、お店側が相手先に発送してくれます。

特に特選松阪牛専門店やまとでは注文者に対して、目録セット、表示用パネルが送られてきますので、幹事にとっては手間いらずになります。

来場者にとってパネルで注目され、当選すると豪華な目録が渡せます。当選者のご自宅に豪華な「松坂牛」が贈られるわけです。

松坂牛のおいしいお店は「やまと」で決まり!詳細なレビューあり! あなたはまだ、まずい牛肉を食べているんですか? 特売で買ってみた牛肉が「パサつく」「肉の味がしない」「硬い」。 噛んでも噛ん...

ギフトにおいては、5000円からあり、送料が無料ですのでネット通販で高く感じるのは、送料代金ですので、送料の料金がかからないものはありがたいです。

「松坂牛」以外に「近江牛」や「神戸牛」や全国各地のギフトを取り扱う肉贈は、贈答専門として様々な地域の和牛やブランド牛を扱っています。

一番うれしいのは、最近人気がでてきた「ミスジ」などの希少部位を取り扱っていることですhttps://xn--11xm61a.top/4596/

最高級ステーキであるシャトーブリアンの値段は200g2万7980円!最高級ステーキであるシャトーブリアンの値段は、200g2万7980円が最高値です。 ※2021年自社市場価格調べ 最高級肉で...

仕入れやバーベキューの値段を抑える「お得」とは!?

品質はまずまずで良いから価格による仕入れをおさえたいのはあると思います。

牛肉が年々高騰する中で、和牛を取り扱っていたお店は「交雑種」に、「交雑種」を取り扱っていたお店は「乳用種」と変わりつつあります。

大手では、輸入牛に転換する方向で進んでいると聞いています。食肉の専門の新聞でも記載がありましたが、価格の高騰がきっかけ生んでいるのではないかと思います。

そのような中で注目を集めているのがМマートになります。

牛肉以外に業務用の食品の橋渡しをしているサイトになりますが、ここの国産牛肉だけでも1000以上の出品があります。和牛の4品種だけでなく輸入、その他の品種がかなりの数で出品されています。

あまりの多さと業務用ですので、価格が異常に安いことが良いところです。

ただ、数が多いゆえにどのような会社を選べば良いのか難点ですが、ここで見極めるポイントとして「レビュー」の数です。レビューの内容はさほど重要ではありません。

レビューの数が多いほど人気があり、業者にとって信頼がおけることや商品の扱いやすいことになります。

価格も重要ですが、このレビューの数をチェックしてみてはいかがでしょうか。

また、Mマート市場の中でも価格が安く、価格や在庫の安定性においては各卸の仕入れ方によりますが、セリや生体で仕入れている業者が特に良いでしょう。

日本国内での仕入れで特に一番安く手に入れられるのは大元ですので、おさえておくと良いです。

Mマート市場においては、大正5年創業で100年以上の歴史をもつ「五十嵐商会」では、長年のノウハウが非常に詰まった業者ですので、国産牛肉に関してのどのようなご相談でも受け付けて頂けます。

Mマートは、BtoB(業者同士の取引)として扱われていますが、オープンなサイトとして扱われています。

通常は、このようなサイトは会員制になっており閉鎖的になっています。ありがたいことにこのようなオープンサイトは非会員でも購入が可能ですので、この辺はグレーゾーンになっています。

とにかく安く、量が欲しい!という人には丁度よい、バーベキューなどの人が多く集まる場合には良いのではないでしょうか。ただし、家族内での少人数でのバーベキューには向いていませんのであしからず。

なぜなら、あくまでも業務用ですので、包装や牛肉自体が大きいため食べきれないことがあるためです。

まとめ

いかがだったでしょうか。

目的に応じたお肉を選ぶことによって「お得」とは違いがあり、価格で選ぶのか、質で選ぶのかで選択肢が違いますので、是非とも参考にしていただければとおもいます。

では次回に!

1ポンドの重さは0.4536kg|成人男性一人で食べるには多いステーキの量1ポンド(pound)の重さは0.4536kg(=16オンス)です。 ポンドを単位系に含むヤード・ポンド法はアメリカ合衆国、ミャン...
ABOUT ME
アバター
牛肉博士
食肉販売技術管理士。食肉の専門学校を卒業後関東、関西中心に専門店など全国各地で技術と知識を学ぶ。 現在、大正5年創業の食肉卸「株式会社五十嵐商会」で品質管理室・室長を務める。 メディアではNHK「あさイチ」に出演。「関西じゃらん」の特別付録にて執筆・寄稿にもたずさわる。