牛肉は健康増進に役立つ栄養が含んでいる??

食べるとはどういうことでしょうか。

「栄養を摂ったり、身体を維持したり、健康を保ったり」

「食べ物がおいしいと感じることで食べる欲求を満たしたり」

最近の栄養学ではこれらを「機能」と呼ぶそうです。

食品の機能を知ることで、どのような評価ができるのか?

という考え方が大切になってきています。

 

今回の記事の内容は
  • 「微量栄養素」ミネラルとビタミンとは?
  • ビタミンは、体のなかで〇〇の働きをする。
  • 活用すべきミネラルのバランスとは?
  • ビタミンとミネラルの違いを知ることでサプリメントが必要なくなってくる?

以上になります。

では、さっそくご紹介していきます。




 

牛肉には代謝に必要な「微量栄養素」ビタミン・ミネラルを含む身近な供給源!

食品の持つ栄養素は、炭水化物、タンパク質、脂肪、ビタミン、ミネラルなどがあります。

これらをバランスよく摂取することで、生命を維持したり、健康維持をしています。

人間にとって必要なものになっています。

これを「一次機能」と言われています。

では、この一次機能は牛肉にとってどのような役割をはたしているのか?

それは、牛肉に含まれる「微量栄養素」といわれるビタミンとミネラルがカギを握っています。

牛肉を食べる理由の一つとして是非とも知っておくべきではないかと思います。

では、「微量栄養素」について探っていきましょう。

代謝に必要な微量栄養素とは??

人は、健康的に生きていく上で食物から栄養を摂っています。

中でも大切な働きをする「三大栄養素」があります。

三大栄養素とは、タンパク質、脂質、炭水化物になります。

三大栄養素は体内で化学反応を経て、分解され肉や血になっていき、活力の源泉であるエネルギーになります。

その一方で、少量でも摂取することで栄養として役割を果たしているのが「微量栄養素」。

微量栄養素とは、ビタミンやミネラルになります。

ビタミンやミネラルは人間にとって必要な量とは、最も多いカルシウムでも約1g。ビタミンB12で0.000005gとわずかです。

ただし、人間の体ではこれらを合成することができないため、食事から摂取する必要があります。

では、この微量栄養素は何故必要なのか探っていきます。

ビタミンの働きとは?

体の中での化学反応では、胃や腸において炭水化物、脂質、タンパク質のそれぞれはアミノ酸、脂肪酸、ブドウ糖に分解され腸管で吸収されます。

細胞内ではタンパク質や核酸などに合成したり、成長や生命維持のためのエネルギーを作るのに使われます。

代謝とはこうした消化吸収の過程を経て、体に必要な合成やエネルギー再生の化学反応を繰り返すことを言います。

この代謝において触媒の役割を果たすのが「酵素」です。

酵素は、肝臓などのあらゆる臓器で必要に応じてつくられています。

しかし、酵素だけでは化学反応がうまくいかずさらに必要になってくるのが、「補酵素」になります。

この補酵素として働く代表選手がビタミンB群になります。

また、ビタミンDなどの脂溶性は、ホルモンに似た働きをし、身体の調子を整える働きをします。

ビタミンが不足すると代謝がうまくいかず、体の調子がいまいちになるわけです。

ただ、ビタミンは野菜や果物が多いと連想されやすいですが、実は、牛肉などの食肉は供給源として優れています。

ですから、野菜や果物だけでは不足がちになりますので、牛肉などの食肉は必要な食品となるわけです。




 

活用すべきミネラルのバランスとは?

ミネラルはビタミンと同様、必要な栄養素になります。

骨を作ったり、体液の構成要素として細胞の内部環境の一定を保ったり、酵素の反応をバックアップ。まだまだありますよ!

ホルモンの産生や供給に重要な役割を果たしています。

ただし、ミネラルには欠点があります。必要以上に摂ることはしないことです!

それは、過剰に摂取すると欠乏症や過剰症になりやすいということです。

バランスが必要です。

たとえば、ナトリウムとカリウムのバランスが悪いと高血圧の誘因となり、リンとカルシウムのバランスが悪いと骨の健康が妨げになります。

カルシウムが多くてマグネシウムが少ないと虚血性疾患になりやすいと考えられています。

牛肉などの食肉は、カルシウムが少なく、マグネシウムが多い稀な食品になります。加えて、タンパク質には体の余分な塩分をだして、味覚的にも食塩の過剰を防ぐ働きがあります。

ですから牛肉を食べることで、ナトリウムの過剰摂取を防ぎ、高血圧や動脈硬化の予防に期待できるのです。

ビタミンとミネラルの違いとは?

ビタミンとミネラルは代謝にとって必要なことはわかっていただけたかと思います。

しかし、ビタミンは有機化合物でミネラルは、無機質という化学的に違いがあります。

先程の記述において中毒症の有無についても違いがあります。

ビタミンは、脂溶性ビタミンのAやビタミンD、ビタミンKを除いて過剰症や中毒の心配はいりません。

ミネラルは摂取量を間違えると中毒症になりやすいです。

たとえばセレンは、摂取の10倍で中毒症が起こり、鉄やカリウム、銅、亜鉛も取りすぎると過剰症が起きます。

ですから、適量以上のサプリメントの摂取は控えたほうがよいのです。




 

まとめ

いかがだったでしょうか。

食品においては、「機能」といった食品それぞの評価が着目されている中で牛肉などの食肉は、人々の「代謝」を助ける役割をはたしています。

ですが、物事にもバランスが必要で野菜とともに摂取することやビタミンとミネラルなどのそれぞれの特徴を抑えながら適切な摂取をすることが大切です。

取りすぎると、中毒症や過剰症などが起きやすくなります。

ですから適量以上のサプリメントの摂取を控えるべきではないでしょうか。

では次回に!