絶対に美味しい国産ブランド牛ランキング10選!厳選に厳選を重ねたおすすめの牛肉

年齢性別問わずに、誰もが大好きな牛肉。

牛肉はどのお肉よりも高価なため、毎日食べることはなかなかできません。

だからこそ、たまに食べる牛肉は美味しいものを選びたい!

 

そう思っている人は非常に多いのではないでしょうか。

 

そこで絶対に美味しい国産ブランド牛をランキング形式にしてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

そもそもブランド牛とはどんなお肉なの?

牛肉と言っても、さまざまなものが販売されていたり飲食店で提供されています。

そのなかでもブランド牛というのは、どういうジャンルになるのでしょうか。

 

ブランド牛は、全国に300種類以上あり、各生産者によって定義づけされているものです。

さらに、産地や血統など一定の基準に達した良質なお肉にのみ、ブランド牛の名前を与えられることもあります。

そのため、一般のお肉よりも数が少なくとても希少価値の高いものとして売られています。

絶対に美味しい国産ブランド牛ランキング10

ここからは、絶対に美味しい国産のブランド牛ランキングを、厳選に厳選を重ねた10種類のみを紹介します。

第1位松阪牛

誰もが知っているブランド牛と言えば、松阪牛ではないでしょうか。

 

なぜなら松坂牛は日本一の牛肉として知られているからです。

松阪牛は三重県松阪市で飼育された牛のことを指します。

 

日本三大和牛とも言われ、日本だけにとどまらず、世界中で絶大な人気を集めている超有名なブランド牛でもあります。

松阪牛の最大の特徴と言えば、芸術品と言ってもいいほどのきめ細やかな霜降りと肉質ではないでしょうか。

それはお箸でもさっと切れるような柔らかさが印象的です。

 

第2位神戸牛(神戸ビーフ)

神戸牛は松阪牛と同じように、日本三大和牛のひとつとして認知されています。

 

名前の通り兵庫県で生産された牛肉で、厳しい審査をクリアしてはじめて但馬牛が神戸牛と名乗れるわけです。

但馬牛とは兵庫県産の牛のことで、古くから代々血統を守り続けてきました。

 

その但馬牛のなかから、最高の評価を与えられてようやく神戸牛となります。

それもあってか海外のメディアから最も高価な食べ物として、大きく知られています。

神戸牛を名乗るためには、高いハードルをクリアしなければなりません。

 

但馬牛であることは当然として、お産の経験がない、もしくは睾丸を除去した牛、歩留等級がA・B以上であることなどがあげられます。

 

第3位近江牛

おなじく、日本三大和牛のひとつとしてあげられる近江牛。

 

近江牛の歴史はとても長く、400年以上前から存在していました。

つまりそれだけブランド牛としての地位を、確立しているということではないでしょうか。

とはいえ、実際に商標登録されたのは2007年とかなり最近の話で、畜産業者や販売店が努力して取り組んできた結果ではないでしょうか。

近江牛は松阪牛と比べるとお手頃な価格で購入できるため、一般の人からも人気のあるブランド牛です。

近江牛は、霜降りのレベルが高くそして非常にやわらかく、とろけるようなおいしさが特徴的です。

 

第4位米沢牛

米沢牛とは、山形県米沢市で飼育された黒毛和牛のことを表します。

 

そのなかでも、出産経験のない牛か精巣を取った牛、さらには3等級以上の肉質と、厳しい審査を経たものが米沢牛と名乗ることができます。

米沢牛は厳しい審査を通過したからこそ、肉に一切の臭みがなく、脂身がありなおかつ霜降りがとてもきめ細い。

そして口のなかに入れるとさっととろけるような舌触りが特徴的です。

ちなみに三大和牛として、松坂牛・神戸牛・近江牛をお伝えしましたが、この米沢牛もそれに該当します。

 

第5位但馬牛

神戸牛の素牛としてお伝えした但馬牛。

 

この但馬牛とは、兵庫県で飼育された黒毛和牛のことを表します。

実は但馬牛は、神戸牛だけではなく松阪牛や近江牛などの血を引いていることでも有名です。

もともと但馬牛は、水田耕作用の牛として飼われていましたが、そのお肉のおいしや脂質が評価されブランド化されました。

 

なぜなら地形が険しい場所で育てられたこともあり、余計な脂が少なく肉質も抜群にいいからです。

厳し環境で育ってきたからこそ、神戸牛や松阪牛、近江牛へと引き継ぐことができるというわけです。

 

第6前沢牛

前沢牛とは、岩手県奥州市の前沢地方で飼育された牛のことを表します。

もともと前沢牛は農耕用の牛として飼育されていましたが、時代は変わり食肉として流通するようになりました。

 

しかし、そのときの評判はとても悪く、食べられるものではないというレッテルを貼られたそうです。

それ以来、前沢牛の品質改良に取り組み今では非常においしいブランド牛として確立されました。

 

文句なく美味で、それでいてきめ細やかな霜降りと上品な肉質。

お箸でお肉をつかむと簡単にとろけだしてしまうほどです。

 

第7位飛騨牛

飛騨牛とは、岐阜県の飛騨地方で飼育された黒毛和牛のことを表します。

飛騨牛と名乗るためには、やはりいくつかの審査を通過しなければなりません。

 

まず、黒毛和牛ということと、14カ月以上を岐阜県で飼育していること。

さらには等級が3以上であることが条件としてあげられています。

もし、等級が3未満であれば飛騨和牛という名称に変わります。

 

厳しい審査を通過した飛騨牛は、バラ色のような美しい赤みや脂身と、火を通した瞬間、感動するほどとろける肉質が特徴的です。

 

第8位宮崎牛

宮崎牛とは、その名の通り宮崎県で飼育された黒毛和牛のことを表します。

 

しかも、4等級以上の牛肉しか名乗ることのできないものが、宮崎牛でもあります。

霜降りの度合いや肉の締まりやキメ、色、などの4項目から、厳選に厳選を重ねて選ばれます。

宮崎牛の歴史は以外にも割と浅く、1986年にブランド牛として認定されました。

 

とはいえ、4等級以上の牛肉ということもあり味は超一級品。

絶対にはずさない黒毛和牛としても、宮崎牛はおすすめの牛肉と言ってもいいでしょう。

 

第9位佐賀牛

佐賀牛もその名の通り、佐賀県で飼育された黒毛和牛のことを表します。

 

等級は4以上で霜降り度合いが7段階以上の牛肉が、佐賀牛として名乗ることができます。

牛肉の審査で言うと、佐賀牛は全国で2番目に厳しいことで知られています。

 

それくらい味も品質にも自信があるということです。

 

佐賀牛は、トランプ大統領と安倍総理との会食で振舞われたとても名誉ある牛肉でもあり、味はお墨付きと言ってもいいのではないでしょうか。

 

第10位仙台牛

仙台牛とは、宮城県で飼育された黒毛和牛のことを表します。

 

宮城県は場所的にも水や土地の質がとてもよく、牛にとっては良い環境で育つことができます。

自然あふれる環境もあって、仙台牛の肉質はとてもやわらかいという特徴があります。

 

等級はA5とB5で肉質は5という高いレベルの牛肉のみ、仙台牛として認められます。

 

それもあってか、なかなかスーパーマーケットではお目にかかれない、レアなブランド牛としても知られています。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

国産のブランド牛は高価なだけに、なかなか食べられることができません。

ですがたまに食べるからこそ、おいしいブランド牛を選びたいものです。

 

せっかくブランド牛を購入したのに、失敗したなんてことになったら最悪です。

 

もし、ブランド牛をどれにしようか悩んでいるのであれば、ランキングを参考にしていただき、最高の牛肉を味わってみてはいかがでしょうか。