牛ハラミ肉|牛サガリの値段はどれくらい?価格と肉質で徹底比較したおすすめとは?

牛肉のハラミ、サガリ肉といっても数多くの商品があります。

輸入牛肉では、オーストラリア、アメリカ、ベルギー、デンマーク産とさまざま。国産では和牛、交雑、ホルスタインとさまざま。

また、それぞれの地域によっては味、品質に違いがあります。

今回は、世界のサガリ肉を見定め価格、品質においてハラミ、サガリ肉を厳選しましたので購入の検討になればと思います。

世界各国の牛は、品種、与えるエサの違いから異なる味わいがありますので留意が必要です。

また、どこで購入できるのかリンク先も掲載しておきますので合わせてみて頂くとよいでしょう。

※ハラミをハラミとサガリでくくって販売されているところが多いです。

牛肉のハラミ・サガリ肉は1kgあたり4000円が相場

牛肉の味わいに左右されるのが使っている飼料になります。

穀物飼育だと脂肪(サシ)が多く含む傾向で肉の味わいが濃くなる傾向にあります。

とくに和牛では、見栄えである脂肪交雑の入り具合でよいとされる傾向ですが、現在ではオーストラリア産も品種改良と一部の牛については、脂肪交雑の特色に特化した牛もいます。

牧草肥育だと、牧草とビタミンなどの給与によって赤身肉が形成されます。

ただし、肉の色合いが和牛に比べ濃くなる傾向にあり、一部のかたは「腐っているの?」「乳臭い」などいわれます。

牧草牛の特色ではありますが、脂肪をほとんどふくまない傾向にありますので量を食べたいかたにはよいのではないでしょうか。

これらの牛肉はホルスタインやアメリカ産牛肉にいえることですが、和牛と比べ肉質は硬い傾向にありますのでやわらかくすることなど調理の工夫が必要になります。

ハラミやサガリとは一体なにか?違いとは?また、やわらかくする方法、食べるときの注意すべき点など記載した記事を掲載しておきますので読んでおくとよいでしょう。

LeMoN FOODS

オーストラリア産、ニュージーランド産の混合のハラミの焼肉。

牧草牛の赤身を使用したハラミのため、硬めのお肉になりますが価格が1kgを4000円で購入することができ2~3人分を目安に考えると割安感があります。

厚みにカットされたハラミは、食感と近年、飛躍的に味わいがよくなったオーストラリア産とニュージーランドの組み合わせは悪くないチョイス。

ボリュウーム感はあるものの味わいはタンパクなため、量が足りないかもと感じるかもしれませんが脂肪分が嫌いな人にはうってつけの一品。

EMUTU SELECT

注文時にはオーストラリア産かアメリカ産のどちらかで発送されるハラミ。

調理にはやわらかくする工夫が必要と感じるが1kgで5500円と輸入にしては割高と思う。

しかし、この商品の魅力はセットでモンド受賞のタレがついてきます。通常のモンド受賞のタレはかなり高いのでこのセットはありがたい。

タレにからめて焼いていくのが最高の一品。

肉質は硬めですが、肉の色合いが微妙ですが肉の味わいがちゃんとでているのでくせになるやも。

大和榛原牛

黒毛和牛の最上級ハラミ。

肉質、味わいとも上質な味わいですが、100gが2000円をこえる絶品。

Aの最高ランクのハラミを食べてしまうと輸入ものが食べれなくなってしまうのが恐いところ。

ただし、脂肪交雑がはいる部分もあるの苦手な人はきついかも。

ミートショップ伊藤

専門店がだすオーストラリア産のハラミ。

1kgが5000円と輸入ものとしては高めですが、専門店のよいところは肉質にあわせてカットしていること。

肉が硬いのに厚めでカットされたらたまったものではないのですが、こちらのハラミは薄切りに食べやすいにカットしてくれていることがありがたい。

肉の味はほどよいが、やはり硬め。

焼く前に格子状に切込みを入れて焼くと食べられるかなと感じる。

肉の卸問屋アオノ

1kgが2500円で買えるハラミは、ここぐらいだろうと思うくらいの値段。

アメリカ、メキシコ、ニュージーランドとさまざまなところが混ざったものになりますが、肉の色合いが濃すぎてちょっと引いてしまうかもしれません。

味わいは、食感とタレの混ざりあいがよくて人によっては評価はわかれますが、好きな人はハマるのではと思います。

ただし、フライパンで焼くと思いっきり焦げ付きますのでBBQなどの網焼きがおススメ。

外国産を買うならこれくらいの値段が妥当ですね。

 

まとめ

輸入牛肉とあわせて紹介していきましたので、1kgが4000円ぐらいが相場ではないでしょうか。

ただし、国産牛肉で購入すると値段が倍以上のもがほとんどです。

牛肉の高騰と一頭に2kg~4kgしかとれないハラミ、サガリは国産であるとかなりの高めになります。

また、流通からして国内のホルモンを手に入れるのは大変です。

現状は外国産が頼りになるかと。

私のほうでも在庫がないか確認が毎日のようにくるほど。

国産は、生産頭数が増えればもっと安くなるのではと思います。

では次回に。

スポンサーリンク