よく読まれている記事

松坂牛の目録の景品にはA4ランクを選ばないほうがよい!?

牛肉の枝肉

結婚式の2次会で幹事として選ばれてから悩むのが、盛り上げるための景品問題。

 

予算の都合で妥協しなくてはならない中、1位、2位の景品が微妙だと盛り上がらないですよね。

 

普段食べれないものだけに、高級牛肉は鉄板的な存在。しかも誰もが食べてみたいブランド牛なだけに盛り上がりは最高潮。

イベント会場は、ハイエナだらけになってしまいます。

 

「食べたい!」とハイエナの声をよそに主催する側は、「鉄板は最後に当たって!」との心の声。

 

松坂牛の目録が販売されているお店はかなり多く、値段やサービスもさまざまなですよね。はたしてどれを選んだほうがよいのか疑問に残ります。

 

「この世の中には松坂牛は一つなんだからどれも一緒だろう」と思いきや、実は価格だけでみてしまうなんてことはありませんか?

 

松坂牛の選び方にはもう一つおさえておかなければならないことがあるんです。

 

販売店が記載していない松坂牛の肉質に秘密がある

松坂牛と販売されても肉質の表示がされていないのは本当に最高級品といえるのか。

 

少し煽ってしまいましたが、一般的には肉質を表示していることはありませんので気付かないのは当たり前です。

 

肉質とは牛肉の品質をあらわすランク。

 

例えば、よく言われるA5ランクとかA4になりますが最上級ランクは、A5になります。

 

ちなみに松坂牛というブランドはA3からあります。

 

もちろん品質のランクによってお値段はかわりますが、ここで品質の違いについて見てみましょう。

牛肉のリブロース

左からA5のブランド牛、真ん中はホルスタインと和牛の掛け合わせの交雑種B4、右側が乳用種のホルスタインC2になります。

 

ホルスタインは肉が赤黒いのでなんとなく違いがわかるとおもいますが、交雑種とブランド牛の違いがわかるでしょうか?

 

微妙ですよね。

 

でも全然違うんです!

 

味わいややわらかさといったものがA5最高級品である由縁があるんです。それが品質のランクです。

 

  • 果たして松坂牛が送られてきたときにA4やA3だったらどう思いますか?
  • イベント中に最高級の松坂牛ですって言えるでしょうか?

松坂牛を購入したときの後悔はかなり痛い!

 

A4でも松坂牛は証明書があれば問題ありません。

 

しかし、ランクが低いとわかったときは偽者のブランド品を購入してしまったように感じてしまいます。

 

松坂牛に変わりないのですが、、、

 

実は、松坂牛というブランド牛の飼育する地域が22市町村と狭い範囲であることと、月間(特産松坂牛)では300頭ほどしか出荷されていません。

 

全国の和牛の出荷頭数が30000頭ほどとごくわずかしか出荷されてないことがわかります。(2019月10月調べ)

 

希少性の高いブランド牛であるにもかかわらず、正規で販売されているお店もあります。(認定店)

認定された松坂牛でA5で購入することはできるのか?

実は、インターネットでも認定店で購入することはできます。

 

これが噂の松阪牛ダイヤモンドカット

 

楽天、アマゾンなど多くの通販サイトでのショッピングモールでも松坂牛は購入できますが、A5は公式サイトでないと購入することはできません。

 

希少性の高い最高ランクだからです。

 

また、実際にわたしが購入した記事もありますのでご紹介しておきます。

 

松坂牛のおいしいお店は「やまと」で決まり!詳細なレビューあり! あなたはまだ、まずい牛肉を食べているんですか? 特売で買ってみた牛肉が「パサつく」「肉の味がしない」「硬い」。 噛んでも噛ん...

 

目録の値段は6500円からありますが、各シーンにあわせたものがあります。

 

例えば、1位、2位、3位用にこちらから選ぶ手間をかけずにいられるもの、ゴルフコンペ用やイベントにかかせない約1mサイズの特大パネルも用意してあるので盛り上がるのは間違いありません。

 

最高級松坂牛専門店で松坂牛認定店であるがゆえに自信をもって最高の景品といえるでしょう。

 

なんといってもなにも用意してなくてもよいことと、松坂牛をもっていかなくてもよい。特大パネルを持ち運ぶ必要がないのは楽チンです!

 

ライン登録で割引ができますので忘れずに!

 

ABOUT ME
アバター
牛肉博士
食肉販売技術管理士。食肉の専門学校を卒業後関東、関西中心に専門店など全国各地で技術と知識を学ぶ。 現在、大正5年創業の食肉卸「株式会社五十嵐商会」で品質管理室・室長を務める。 メディアではNHK「あさイチ」に出演。「関西じゃらん」の特別付録にて執筆・寄稿にもたずさわる。